2021.09.21
PRODUCE×CREATIVE カケザン

前回のブログで組織改編のお話と新組織の紹介をさせてもらいましたが、
もう1チームD2C Rと融合したチームがありますので、そのチームを紹介します。

D2C Rと同じD2Cグループ企業である株式会社カケザンのメンバーが、7月からD2C Rに加わってくれました。


カケザンのメンバー

カケザンがどんな会社か簡単に説明しますと、
様々な企業や商品のプロモーションにおけるプランニング&プロデュースを手掛けるクリエイティブブティックです。

Webをはじめ、イベントやプロジェクションマッピング、OOH、テクノロジー活用などデジタル領域を中心とした企画、コミュニケーション設計、クリエイティブ開発などを行なっています。

ここだけ見ると何してる会社?となると思いますので、事例をご紹介すると
NTTドコモ様の協賛するスポーツイベント開催を記念した「YOYOGI CANDLE2020」の全体プロデュースをしました。

NTTドコモ代々木ビルをプロジェクションマッピングし、
スマートフォンを使って応援メッセージを送ると、そのメッセージが
リアルタイミングで投影されるような企画を立案から実行まで手掛けています。

▼YOYOGI CANDLE2020 紹介ページ
https://kakezan.co.jp/work/yoyogi-candle2020

こんな大がかりな企画以外でもサービスや商品のコミュニケーション戦略策定からコンセプト設計、各種制作などのプロデュースも行なっています。他事例は↓から見れるので、是非ご一読ください!

▼株式会社カケザン WORKS
https://kakezan.co.jp/work

 

組織融合の目的

前回の組織融合と同じように今回の組織融合には当たり前ですが目的があります。
D2C Rはデジタル運用型広告市場を中心に成長してきました。
今後もこの市場での活動を止めるわけではありません。

ですが、運用型広告の領域だけでは他社との差別化をする事が困難になる事と、
企業のマーケティングニーズが多様化する中で、課題解決の手段が〇〇しかありませんという状態を脱したいと考えてます。
カケザンのトータルプロデュース力を活かした事例を創出・発信する事で、
市場から見たD2C Rの顔付きを運用型広告の会社から変化させる事ができると考えています。

D2C Rの既存クライアント様でも確実にマーケティングのニーズは多様化しています。
カケザンと連携する事で、クライアント様にとってより価値の高い提案が可能になると思っています。

 

僕が現場で営業していた時代は、特に運用型広告について求められることが多く、なかなかそれ以外の手法に応えられていませんでしたが、市場の変化、顧客のニーズに合わせてこれからもD2C Rはどんどん変化・進化していこうと思います

コロナ禍以降ウェビナーでの情報発信も積極的に実施しておりますので、近い将来取り組み事例として発信できればと思っています。

 

▼開催したウェビナーのレポート記事

【イベントレポート】先進事例に学ぶ音マーケティング成功の秘訣

【イベントレポート 後編】トークセッション「コミュニケーション“耳”論」

豊永 雅史
豊永 雅史

代表取締役社長。2008年ディーツーコミュニケーションズ入社(現D2C)2014年よりD2C Rに参画し、営業責任者・取締役などを経て2021年6月より代表取締役社長に就任。趣味は筋トレとゴルフで、バキバキの腹筋を手に入れる為、2日に1回自宅トレを1年以上継続中。ゴルフは好きですが、D2C Rと同様にまだまだ発展途上です。業界では後発企業のD2C Rの中の事、これからの事を僕目線で発信していきます。

ツイート シェア はてなブックマーク
  PREVIOUS
  NEXT
PAGE TOP