2022.06.29
みんなの推薦図書:藤田さん、江藤史雄さん

おつかれさまです!広報の川向@canvas_d2crです。
昨年
リニューアルしたR-ibraryの名前に込められた想いにちなんで
Rメンバーにぜひ読んでもらいたい本を紹介する“ D2C R推薦図書 ”です。

R-ibrary:古書から最新の雑誌や新聞など<今>に繋がる書籍が置いてある図書館(library)のように、D2C Rの変わらない価値(昔)と新しく生み出していく(今)が共存できる場所。

今回は、ディレクション部の藤田さんとメディア部の江藤史雄さんに聞きました。
このお二人がどんな本を読んでいるのか、気になりますよね。

記事の最後には、お二人に社内メンバーの中から「この人の推薦図書を知りたい」というメンバーを指名してもらっているので、誰が指名されるのか(あなたかも⁉)ドキドキしながらご覧ください。

 

▼前回のコミュデチームの杉野さん、椿本さんご指名ありがとうございました!

みんなの推薦図書:杉野さん、椿本さん

藤田さんオススメの本

2019年より中途入社。アプリ・ブラウザ案件の運用をそれぞれ担当してきました。
現在は、所属チームのリーダーとしてメンバーの案件や目標達成に向けたサポートも行っています!
土日は12時間以上寝ています。

 

使う! ロジカル・シンキング
(久保田 康司)

オススメする理由

社会人5年目頃、「そろそろ『フレームワーク』や『ロジカル・シンキング』をかじってみたい。
でも難しいのはちょっと…」というときに見つけました。
本の序盤の、次の1文が個人的に印象に残っています。

【ロジカル・シンキングは”正しく考えること”であり、”正しく決めること”ではない】

ロジカルシンキングを用いた答えが必ず「正解」ではないけれど、
それでも「使える」ことで「より適切な答え」に近づけるようになるのかなと思います。

また、中身も難しい概念やフレームワークの紹介が中心ではなく、
会社でのあるある事例(上長と部下の会話など)をベースに書かれていてわかりやすいので、
気軽に手に取ってみてください!

どんな人にオススメですか?

新卒1~3年目くらいの若手の方にぜひ!

 

江藤さんオススメの本

PFである大手媒体社様との折衝/社内への拡販/知見の体系化を行っております。

 

生き方
(稲盛和夫)

オススメする理由

「人間は何のために生きるのか」

この質問をされたとき、
はっきり答えられる人はどれぐらいいますでしょうか。

一番本質をついている質問なだけに、
変に難しく考えてしまいがちではないでしょうか。

だけど、真理はいたって単純明快。

人間として一番大切なことは、「正しく生きる」こと。

そして一日一日をど真剣に生きる。
「狂」がつくほど、すさまじい勢いで働く。

ただそれだけ。
本当に至極シンプル。

だけれども、
そんな当たり前なことが難しいのも事実。

言うは易し行うは難し。

ついつい生きていると魔がさして、
自分勝手な思考に走ったり、他人を傷つける言動をしてしまうものです。

ひょっとすると、
世界的に見て無宗教の日本では、
「正しく生きる」ことは、
より一層難しいことなのかもしれません。

現在の日本の価値観は、
メリットよりデメリットが大きいから悪事をしない。
他人の目があるから悪事をしない。

といったように、
自分の中に軸があって「良く生きている」わけでは
ないのかもしれません。

この本では、
自分の中で「哲学」という名の軸を一本持つことで
より良く生きる指針を明示しています。

それも回りくどい言い方や明言を避けることなく、
シンプルな言葉でその指針を紡いでいます。

この本を手に取った当時は大学生。
この本もその胡散臭さから途中で投げ出していました。

今も占いなどの類は全く信用していません。

ですがそういったものも拒絶することなく、
一度受け入れることができるようになった今、
この本に出会えたことに感謝しております。

読み終えた今世界が少し以前とは違って見える。
それほど威力のある本です。

どんな人にオススメですか?

・考えてる事に迷いがある方
・将来が不安な方

 

 

本を読む理由

・藤田さん:本を通じて「新しい知識を得る」ことも沢山あるけど、
実は「いまの自分の頭にあることを言語化して整理したり、引き出したりしてくれる」役割が大きいのかなと感じています。

・江藤さん:斬新な発想、自由な視点でのアイディアを生み出す必要がある今の時代。
その無形のものをアウトプットとして生み出すためには、経験”知”、発想力、柔軟性を養う必要がある。

それらを養うためには、新しいインプットを常にし続けなければならないと考えてます。
その様々な「学び」を提供してくれるのは、「人」か「旅」か「本」のみ。
その中でも一番自分勝手にインプットできるのが、「本」だと考えてます。

 

最後に、次の推薦図書を紹介する人の指名をお願いします!

・ディレクション部 藤田さん →  元トレーナーの本田さん(英一郎さん)

・メディア部 江藤史雄さん → ソリューション本部 星 航さん

 

藤田さん、江藤さんありがとうございました!
気になる本があった方は、おうち時間の合間に読んでみて下さい。感想はぜひご本人に伝えてみて下さい。

(指名されたお二人は恐らくこの記事を見て知ったと思いますので、後日改めてご連絡させていただきますね。)

次回もお楽しみに!

 

▼今まで紹介された本をチェックしたい方はこちらからどうぞ!

 

プロフィール画像
D2C R広報

広報の川向です。デジタルマーケティング情報を発信する『CANVAS』の運営&編集担当。中の人としてTwitterはじめました(@canvas_d2cr)。テキストは標準語ですがしゃべると関西弁。最近つけてもらったあだ名はゲリラ広報。

ツイート シェア はてなブックマーク
  PREVIOUS
  NEXT
PAGE TOP